大学生にWebライターのアルバイトがおすすめな4つの理由【在宅でできる】

Webライター

「Webライターの仕事をやってみたい!」
「もっと自由できる、在宅でのバイトがしたい!」

そういった大学生も多いのではないでしょうか。

私は大学生の時からWebライターを始め、4か月目で月10万円を稼ぐことができました!

だからこそ言えることは、Webライターは大学生に本当におすすめです!!

飲食店のアルバイトって、忙しいし、体力勝負だし、バイト先での人間関係が大変…

こんな風に思っている人もいるかと思います。

しかしWebライターなら、そんな悩みはゼロになります!

今回は、大学生でWebライターを始めた私が、なぜ大学生にWebライターのアルバイトがおすすめなのか、その理由をご紹介します。

この記事を書いた人
・コロナ禍による内定取り消しで、新卒フリーランスになることを決意
・それを機に大学4年の後半からWebライティングを開始
・4か月目で収入10万達成→現在も新卒フリーランスとして奮闘中

大学生にWebライターのバイトがおすすめの理由4つ

知識・経験ゼロでも簡単に始められる

Webライターは、知識・経験ゼロの初心者でもOK!どんな人でも簡単にライターとしてスタートすることができます!

私も当初は、Webライティングに関する知識は全くなし!

大学のレポート課題を書くくらいしか、文字を書く経験ありませんでした…

そんなスタートでも、今ではちゃんとライターを仕事にして、十分稼ぐことができています!

さらに、Webライターは自分の趣味や好きなことを活かせるのもポイントです。

例えば私の場合、旅行が好き!100均の商品が好き!というのを活かし、国内旅行のおすすめスポットの記事を依頼されたり、100均の商品をレビュー・紹介するようなコラム記事を任せていただきました!

このように、ライティングに関する知識はゼロでも、自分の好きなことや趣味を活かすことができるので、ライターはとても魅力的な仕事だと思います!

自分の力で稼いだ!という自信につながる

他のアルバイトは1時間働いて900円、といった時給でお給料が支払われますが、ライターの場合は、1記事2000円、3000文字で4000円、というように自分のやった成果にお金が支払われます。

私も初めてライターの仕事をして、1つの記事を完成させて、お金がもらえたとき「自分の力で稼げた!」という達成感を得ることができましたし、何より自信につながります!

このように、自分で稼げるスキルを持っておいて損することはありませんよ!

在宅でもカフェでもOK!自由に働ける

ライターの仕事をしたいときいつでもどこでも働けるというのも、おすすめの理由の1つです!

よくあるアルバイトなら、職場に行って、働くのが当たり前ですが、ライターのアルバイトは全く違います!
働く場所も、働く時間も自由!とっても楽です!

私も、朝に1時間くらいの空いた時間を使ってライターの仕事をしたり、夜寝る前に30分ほど仕事をしたり…
土日は一気にまとめて2記事分書いたりもしていました!

もちろん場所も自由なので、気晴らしにカフェで作業をしたりもしていました◎

このように、場所や時間にとらわれず、自由に好きなように働けるバイトって他にはないと思います!

今後に活かせる知識・スキル・経験が得られる

Webライターをやることで、ただのアルバイトでは絶対に得られないような知識・スキル・経験を得ることができます!

まずは、圧倒的な文章力です。
文章力があって損することは全くありません!

大学の授業や課題でもこの文章力を活かせますし、実際に社会人になってからも活かせるスキルだと思います。

他にも、ライターの仕事を通して様々な社会人の方と関わることができたり、社会人としてのマナーが身についたり…、他には変えられない良い経験ができているなと実感しています。

これからに活かせる一生モノのスキルや知識が身につくのは、本当にメリットだと思います!

【注意!】Webライターを始めてみて大変だったこと

もちろんWebライターのバイトは、良いことばっかりという訳にはいきません。
多少は大変なこともあるということを、理解しておいてください!

普通のアルバイトより稼げないときがある

ライターの仕事は、出来高、成果によって給料が支払われるので、アルバイトよりも安定して稼げない、頑張ってもあまりお給料がもらえないという場合があります。

私も、Webライターの初めたての頃はとても大変でした…

1文字あたり0.3円ほどだったので、3000文字書いても1000円ほどしかお給料がもらえません!
しかも効率も悪いので3000文字書くのに1,2日ほどかかっていました…

このように初めたては、文字単価も低く、作業効率も悪いので、なかなか高い報酬を得ることができません。そのため、月のアルバイト代より低くなってしまう場合が多いと思います。

ですが、この初めの1,2か月を乗り越えれば、どんどん高単価の仕事もできるようになります!

自己管理が大変

ライターの仕事をきちんとこなすためには、自己管理する力がとても大切です。

例えば、「〇日までにこの記事を納品してください!」と言われれば、前もって何日か前に記事を書き始めなければいけません。

私自身も、ライターを始めて1か月目で5000文字の記事を任せてもらった際、予想以上に書くのに時間がかかってしまって、提出〆切の数分前まで記事を書いていたという失敗があります…

このように、ライターの仕事は自由である分、自分で仕事の量や働く時間を調節したりする自己管理がとても大変です。

特にWebライター始めてすぐの頃は、どのくらいの要領で自分が仕事できるのかが全く分からないので、自己管理にはとても苦労すると思います。

結論:大学生にはぜひWebライターを始めてほしい!

今回紹介したように、Webライターは初めてすぐの頃は多少苦労すると思います。

しかし、苦労した分、必ず成果として表れるのがライターのバイトの魅力です!
継続していけば、一生モノのスキルや知識が身につき、そして収入もどんどんアップします!

だからこそ、私は大学生にはぜひ!Webライターを始めてほしいと思っています!

時間のある大学生だからこそ、学びながら収入を得ることができるWebライターに挑戦してみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました